東北復興支援「南三陸ねぎ応援プロジェクト」の活動をしています。

こんにちは。田中です。

今回は、「南三陸ねぎ応援プロジェクト」について紹介します!

東日本大震災の後、南三陸町では地域の雇用創出のために、塩害にも強い「ねぎ」が栽培されるようになりました。 その後、南三陸町と気仙沼市で栽培されるねぎが、「南三陸ねぎ」と呼ぶれるようになります。 震災の風化も進み、東北への関心も低下していく中、復興農地という少ない面積での生産であった「南三陸ねぎ」は、地域ですら認知が低い状態でした。

塩害により育てられる作物が限られてしまう農家の皆様に、 ブランディングとウェブのちからで、何とかご協力することはできないか、 という目的で進めているのが、「南三陸ねぎ応援プロジェクト」です。

info5-4

2017年から、協力会社のOICHOCの代表である八幡さんと、 弊社の代表である中根らが中心となり、ボランティアで進めています。 https://37336negi.themedia.jp/pages/1249771/member

現在は、 「グリーンファーマーズ宮城」さん 「シーサイドファーム波路上」さん 「南三陸 農工房」さん と、協力してプロジェクトを進行しています。

https://37336negi.themedia.jp/pages/1252132/farmer

info5-2

「南三陸ねぎ」は、ひいき目を抜いても、 鍋でも焼いても甘く美味しい、もう一度食べたくなるねぎです!

八王子では、「南三陸ねぎラーメンプロジェクト」を展開。 四軒のラーメン屋さんで、南三陸ねぎを使用したラーメンを開発していただき、スタンプラリーをしました。 これもとんでもなく美味しかった!

https://37336negi.themedia.jp/posts/3639256

info5-3 実際に利用されたスタンプラリー


「ブランディング事例コンテスト2018」でも、このプロジェクトが大賞を獲得しました!

https://www.brand-mgr.org/branding_case/detail20.html

活動は、読売新聞でも紹介されました! https://37336negi.themedia.jp/posts/5887009

「南三陸ねぎ」をお届けするための「不屈のねぎBOX」については、 ロンドンで開かれた、国際的なパッケージデザインのコンペティション 「PENTAWARD 2019」にてSHORT LISTに入賞しております。 https://37336negi.themedia.jp/posts/6535212

会費無料のサポーターとなっていただけましたら、 最新情報や、企画へのご招待などの特典があります。 (年齢、職業問わず誰でもサポータになれます。)

方法はFacebookページにいいね!をするだけ。

サポーターになる

各メディアにも展開しております。 以下、ぜひご確認ください。

南三陸ねぎ応援プロジェクト・公式サイト

南三陸ねぎ応援プロジェクト・公式ブログ

南三陸ねぎ応援プロジェクト・公式Facebookページ

南三陸ねぎ応援プロジェクト・公式Twitter

南三陸ねぎ応援プロジェクト・公式Instagram

それでは、また次回!

メールマガジン

ウェブの活用を見直してみたいけれど、専門知識ばかりでも良くわからない。 セミナーを受けても、なかなか手元で活かしきれない。 先駆の今にちょっと興味がある。

そんなあなたのために、 活用しやすい最新技術のTipsや、ウェブ解析入門など、様々なトピックを配信しています。 ぜひご登録ください。

PC・携帯端末どちらでも
お読みいただけます。

メールマガジンを登録する

過去のメールマガジンを
ご覧いただけます。

バックナンバーはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ042-669-0669 平日10:00~17:00
※セールス目的のお電話はご遠慮ください。

お問い合わせ